夏に間に合う腕組みダイエット

腕組みダイエットのやり方

ダイエットが難しいと思われているのは、「面倒なカロリー計算をしたりする食事制限でをしなければならない」とか「つらいエクササイズをしなくてはならない」と思われているからでしょう。

 

しかし、この腕組みダイエットはそんな物は全くする必要がないのですよ。

 

食べたいものを食べていいのです。

 

無理をしてジムなどに通わなくても良いのです。

 

それに、方法はすごくお手軽・簡単です。

 

最初に、足のつま先から太ももまで足を揃えます。

 

肩の力を抜いて、後ろ側で手を組みます。

 

この時、自然に組んだ方は楽に組めたと思うので、ここで逆に組み直します。

 

組み直した時、歪みを治そうと筋肉が引っ張り合うので、バランスを崩すことがあります。

 

なので、下腹部に力を入れて、体をまっすぐ保つようにしましょう。

 

あとはアゴを引いて目線はまっすぐ前を見ましょう。

 

ここまでが腕組みダイエットの基本姿勢になります。

 

では、基本姿勢ができたら、次はストレッチ運動を行います。

 

ウエストをシェイプするには、まずおへそを中心に、上半身を10秒ずつ左右にゆっくり倒してキープします。

 

今度は、上半身をゆっくりと左右にひねります。

 

これもアゴからおへそまでのラインと下腹を意識しながら、下半身は前を向いたままを保つように気をつけましょう。

 

ウェストに関するストレッチはわずかこれだけです。

 

腕組みダイエットはこれを1回70秒として、一日に何回かやりたい時に出来る場所で行えば良いだけです。

 

これを持続する事によって、ウェストの脂肪が燃焼されていき、外見からスリムになっていきます。

 

基本姿勢をするだけでも、正しい姿勢になり、筋肉のバランスを整えられるので、電車待ちの時間や、少しの休憩中でも試してみてください。

腕組みダイエットのやり方関連エントリー


今大人気のお手軽ダイエットをご紹介

Copyright (C) 2010 夏に間に合う腕組みダイエット All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腕組みダイエットのやり方